セックス・見栄え・生殖能力?デカくて強いペニスの魅力

男性はなぜデカさと強さに憧れるのでしょうか?

昔から筋肉は男の象徴であり、ペニスの大きさは男のプライドでした。

 

そして男性にとってセックスが強いということは、なにものにも代えがたい尊厳だといいます。

 

 

古くは精神分析医のジークムント・フロイトが人間のペニスに対する憧れを、エディプス・コンプレックスと称したように男性にとっても女性にとってもペニスという存在はどこか神秘的で特別な存在だということがわかります。

 

こういった古くからの概念がそうさせるのか、男性の虚栄心がそうさせるのかペニスに対して男性は劣等感を感じやすいのです。

 

ペニスにコンプレックスを抱く男性

 

「ペニスが小さい」
「セックスが淡泊」
「持続力がなく勃起力が小さい」
「女性より早くイッテしまう自分ってなんなんだろう?」
「包茎なのがうしろめたい」

 

 

 

ペニスには
「セックスによる快感」
「生殖能力」
「デカいことの見栄えの良さ」
といった要素があります。

 

このように男性はこれがないことのコンプレックスを何よりも嫌います。
ペニス増大サプリなどが普及している背景には、ペニスのデカさと性的に強い存在でありたいと心の底で思っている男性の心理が伺えます。

 

もちろん男女の恋愛はセックスだけで成立するものではありません。

ただ単純にセックスが強い、ペニスが大きいというだけで女性は男性に対して恋愛感情を抱かないし、愛し合いたいと思うものではありません。

 

しかし男性の多くが感じているように男性のペニスが小さい方が好きという女性は限りなく少なく、またセックスが弱い男性を好む女性も少ないのです。

 

女性の膣のサイズとの相性もあるので、デカければデカいほどいいということではないですが、日本の女性の多くは男性のペニスのサイズの理想は概ね全体の平均値よりもやや大きめのサイズを理想としているといわれています。

男と女のペニスの理想

 

 

 

デカくて悪いということはないですが、小さくて良いということもないのです。

男性は女性よりも肉体に対してナルシズムを抱く傾向が強いものなのです。
男性にとってペニスは自分の男性としての機能を異性に誇示するための最高のシンボルのようです。

 

このサイトでは男性がデカさ強さを兼ね備えるために何をすればいいのか、何に気をつければいいのかを学びます。

 

女性の心と体が満たされると何が起こるのか、セックスをマンネリ化させないためには何をしたらいいのか、どういった工夫が大事なのかということを学びます。
女性の心と体を満たす
脱セックス・マンネリ化

 

そして必ずしもセックスが強い人だけのもの、ペニスを大きくすることだけが目的なのではなく、早漏の人やペニスが小さい人にとってもどのような努力が大切なのかを学びます。

 

性的な能力やセックス力は何も先天的に決められたものではないのです。
やはり経験方法によって、女性を満足させることのできるセックスの仕方を獲得してきた男性は枚挙に暇がありません。

 

カップル

 

ほんのちょっとの思い違いや間違った認識により、セックスがマンネリ化したり、女性より早くイッテしまうことがあります。

 

より長くセックスするためにはどうしたらいいのか女性を満足させるテクニックとはなにかを学びます。

 

 

そして必ずしもペニスが大きすぎる男子が気を付けるべきポイントについても考察します。
デカいことはメリットです。しかし女性によってはサイズ的に無理と訴えることもありえます。
デカい人が恋愛をする上で気を付けなければならないことについても言及します。

 

 

そして男性としてデカさと強さを勝ち取ることができたあとに気をつけなければならないことについても考察します。

 

強い男とはどういうものかというと、相手の痛みを感じ取れることです。
闇雲に自分の強さや存在をアピールしたり、押し付けたりすることではありません。
これはセックスだけでない恋愛の一番肝要な部分にいかにアプローチできるかということです。
女性は心と体でセックスをすることを理解しなければ、本当に女性を満足させることはできません。

 

 

ここまでをマスターできれば女性をセックスでも満足させることができ、また精神的にも感情的にも満たすことができるのです。
そんな女性を満たすことのできる魔法のテクニックをご紹介します。