デートの前にオナニーをして前戯である程度誤魔化す

早漏が注意する事

早漏の男性は女性よりも早く絶頂に達して、女性がオルガズムに到達する前に射精に到達してしまうので男女間でセックスの満足が一致しない要素になります。

 

女性よりも早く射精しまうのが早漏ですが、
問題とされているのは、セックスの持続時間が平均よりも極端に短いということです。

 

挿入してから1分や2分という短い時間で射精してしまう男性も多く、女性にとっては非常に不満が残るものとなってしまいます。

 

女性より早く絶頂に達してしまうとしてもより長い時間セックスをした方が女性にとっても良い影響を与えることになるでしょう。
早漏の人がするべき努力で効果のありそうなものはどういったものがあるでしょうか。

 

 

速いピストンばかりをしない

ついついセックスをしていると速いピストン運動に終始してしまいがちです。
しかしセックスには比較的緩急を持たせた方がいいといわれています。
特に早漏の人の場合は、イキそうになったらピストンの強さを弱めたり、ゆっくりと腰を動かして性感を調節しましょう。大切なのはイキそうになったら止めることです。
そうすれば絶頂付近にあったペニスの性感も弱まりまた一定の時間セックスがつづけられるようになるでしょう。
女性の方も一旦ピストンが停止されてもまた持続するということなら必ずしもいつも激しく突いてもらう必要はありません。

 

 

デート前日に自慰をしておく

早漏はあまり自慰行為をしない人に多いとされています。
逆に遅漏は自慰行為を過度にしてしまう人にあらわれる症状だとされています。
セックスをする前日に自慰行為をしておくと発射される精子の量は少なくなりますが、
性感がやや落ちるために早漏がやや改善される効果があります。

 

 

前戯の時間を長くする

女性に対して挿入時間を長くできないという悩みを抱える男性がまず取り組むべきは、女性に対して気持ちよくさせる時間を前戯によって補うことです。
また女性に責められると自分が早くイッてしまうため、男性側が女性を責める時間を多く持つことが大切です。女性に責められるよりも男性側から責める時間を長く持つという意識が大切です。