一緒にイケない!過去のトラウマ?遅漏の原因とは?

遅漏が注意すること

女性をセックスで満足させられない原因が、女性よりも早くイッてしまうことです。
ペニスの大きさも大切ですが、女性にとってセックスで満たされることでもう一つ重要な要素は男性の持続力です。

 

男性のペニスを女性器の中で摩擦させても長い間、射精に達しないことを遅漏と言います。
これは男性にとっては、女性がオルガズムに到達するまで射精をしないということなので、
先に射精をして女性を不満にさせられないということはありません。

 

ピストン運動を続けていても長い間、女性に快楽を与え続けられるということなので、
遅漏は女性を満足させられる特性を持っています。

 

しかし男性としては遅漏であるがゆえに注意しなければならない点というものもあります。

 

 

摩擦時間が長くなることによる性器の痛み

男性器は長い時間、摩擦や刺激を加えることですこしずつ傷んでいきます。
よく過度な自慰行為(オナニー)によって亀頭包皮炎を起こして、ペニスの皮が赤くはれ上がってしまう男性がいますが、遅漏は射精が遅いために自然と摩擦時間が長くなり性器を傷つけてしまう危険性があります。
またこれは女性側にも同様のことがいえ、セックスの時間が長くなれば長くなるほど女性器も傷や腫れなどが見られるようになります。これはデカい人の注意点とも少しかぶる点があります。

 

 

女性と一緒にイケないため一体感が薄れる

遅漏は女性を満足させやすいというメリットがありますが、女性がオルガズムに達したあとも男性側の射精が完了できないことも多くあります。

 

不安な女性

 

そのため女性にとっては
「一緒にイッテいるという一体感がない。」
「私では満足できないのかと不安になる。」
などの不満な要因を与えることになります。

 

 

そもそも遅漏は心理的な要因や過去のトラウマが原因に無意識のうちに自分にストップをかけた結果だといわれています。
女性にとってセックスはとても重要なコミュニケーションです。

 

自分でイッテくれない男性に対して興ざめしてしまうのは無理もありません。
このように遅漏は必ずしもメリットは多くなく、適切に射精できないことをさします。